ワインの勉強中に出会った素朴な疑問

自分に合った美味しいワインを選ぶには??


「自分の以前飲んで気に入ったワインの銘柄や産地を覚えておいて
店の人に伝える。」


「過去に飲んで美味しいと感じたワインのぶどう品種を覚えておく」


ってどんな参考書を読んでも書いてあります。
phm12_0576-s.jpg


確かにその通り!


でもあまり経験のないうちから自分にあう品種を固定してしまうと
新しい発見になかなか出会えないのかも・・( ´∀`)?


まずは色んな品種のワインをひと通り試してから
自分に合ったワインを探してもらってもいいのかななんて( ´∀`)


ワインは美味しいと思うワインだけ飲めればいいっていう方だったら
上記の方法で同じような味わいのワインを毎回飲むって方法もいいと思います。


・・・冒険したくなる時がくるまで( ´∀`)フフ


銘柄でぶどう品種が解るのは有名ワインだけ


結構高価で有名なワインなら、店の人も
銘柄や産地で使用しているぶどう品種とかわかると思うんですけど・・・


酒屋で買うような 安ウマワインの銘柄を言われても
店の人はわからない事が多いと思います。


って事は、産地とぶどう品種を優先して覚えるのが
一番無難
って事ですよね。
銘柄を覚えればいいのは超高級か有名なワインの場合だけ。


ライト・ミディアム・フルボディーの基準


ワインを選ぶときの基準に
ライトボディ・ミディアムボディー・フルボディーってありますけど、
日本語で軽め・普通・重いとか甘口・中辛・辛口とか書いてあるものもありました・・・
なんてわかりにくい( ;∀;)


日本語でワインに辛口とかフルボディーって書いてあるのは
赤ワインだと「重たい」「渋みが強い」ってことで
白ワインだと「重たい」「砂糖のような甘味を全く感じない」って
事なんですよね・・


逆にライトボディーだと赤だと「比較的渋みも少なめで飲みやすい」
白だと「のみやすい」ってことで・・・


でもぶどう品種の持つ独特な香りとか濃縮された感じって
好き嫌いがあるから、〇〇ボディーだけでは判断できないんですよね・・・
ライトを選んだのにこの香りが好きじゃないなんてこともあるかもしれません。


ちなみに私の恥ずかしい体験談で・・


甘口・辛口


ワインを飲み始めた当時
甘口・辛口という表現には疑ってかかっておりました。


なぜなら・・
それまでは甘いといえば砂糖を使ったような「甘さ」しか知らなかったので・・
甘口って書いてあるのを選んで飲んだら・・・甘くないじゃーんヽ(`Д´)ノ


逆の辛口って甘口の反対語だから、唐辛子的な「辛い」を想像しますけど
当然そんなワインあるわけないし・・・


次にライトボディー・ミディアムボディー・フルボディーから選ぶ時に
ミディアムボディーもなんだか重たーい飲みにくい感じがしました。


今は慣れてきたからか、選ぶものの多くがフルボディーとか辛口とか書かれていますが
昔だったら到底飲めなかったです。


でも面白い事に、当時そんな味覚の小娘が
ワインを好きになったキッカケの1本はフランスのフルボディーで
飲みにくさも感じずに美味しく飲めたんです。


今思うと、果実味が強いものだったから飲み易く感じたのかな
なんて思います。


やっぱりぶどう品種のちがいとか熟成の度合いで
飲みやすさが変わってくる
んですね( ´∀`)!


だから何とかボディーとかってあんまり当てにならないなあというのが
私の勝手な考えです。


まとめると・・


美味しいワインを選ぶには
自分の美味しいと感じたワインのぶどう品種(ブレンドしてあるものは上位2種くらい)と
産地(国以外に地区くらいまでわかるといい)、銘柄を覚える。


逆に苦手だなーと思ったワインも伝えるといいです。


ソムリエがいるレストランやアドバイザーがいる酒屋さんなら
これだけ言えれば確実ー(●^o^●)!


<<前の記事へ 子供の生まれ年ワインは何を選べばいい?長期保存に向くワインと必須な保存環境。
          >>後の記事へ テイスティングどうすれば??


関連記事
セカンドワインとサードワインって?
初心者必見!一人でも一度に沢山のワインを味わう方法






↓ テレビに出て話題となったワイン♪


小娘と学ぶワインの基礎知識

 

ワイン入門書ではわからない事BEST3

 

ワインに興味ない人と話せるワインの話

 

ワインは経験

 

ワインの勉強中に出会った素朴な疑問

 

ワインのお役立ち情報