ワインの勉強中に出会った素朴な疑問

ワインって何でこんなに値段に差があるの?


ワインって本当に価格がバラバラですよね。

ブランド.jpg
近所の酒屋では1000円前後のワインが大半を占めているのに・・
通常高級ワインと呼ばれる数千、数万円ワインから、
ネットでは1本数百万円なんていう価格のものもあります。


でも1本1000円前後のワインでも美味しいと感じるワインはちゃんとあります!


調べてみたら・・・
ワインの価格は造り手の知名度や人気、
造られた年のヴィンテージ、造られた量によって決まる
みたいです。


生産コストはそんなに差がない


大企業によって安い労働力で安く大量生産されているようなワインは、
どんなにぶどうの出来が悪い年でも
他のぶどうをブレンドして安定して生産できるんだとか。
だからそこそこ美味しいワインがいつでも安く提供出来るみたい。


逆に個人経営でぶどう栽培をしているようなところは
栽培品種も決まったものだし、ぶどうの出来によって生産量が変わるみたいで
手作業なので手間も時間もかかっています。


多少の生産コスト差はあるでしょうけど・・
100倍も生産コストに差がでるわけないですよねー(・∀・)?


同じ手作業で畑が隣同士の場合
生産者の知名度の差でワインの価格に何倍も差がある場合もあります・・


・・やっぱりブランドで値段が跳ね上がっているんですね。


まあ、知名度はその生産者が過去に色んな賞等で評価されたから
あるものなんで、努力の証!当然のことといえば当然なんですけどねー。


しかし大幅に価格を釣り上げているものが希少価値。
残り世界に数百本しかありませんという希少価値が高いものには
高いお金を出しても欲しいと思うように、
ワインには年々そういった付加価値による価格の上昇があります・・


・・・そっかー値段が下がることはないんですねぇ。


プレミアワインには注意が必要


でもそういったプレミアワインには注意が必要みたいで。
きちんと管理されていなかったり、偽物が出まわる事件もあったみたいです。


そうでなくても数百万円ともなってくると
価格に見合った内容かどうかは疑わしいという人もいるようです。


ワインって蓋を開けたら、いたんでてはずれだったってこともあるのに
数百万を溝に捨てるかもしれないのに、買える人は相当なお金持ちさんですね!


あっ!それか始めからディスプレイとして買ってるのかなー(●^o^●)


まあその価値観も人によりますから、人の思考ってほんと面白いですね。


必要としている人が必要としているワインに巡りあえば
それが結果として一番いいんですよね( ´∀`)!


<<前の記事へ ボジョレーヌーボーってなんで人気なの?
            >>後の記事へ ワインのヴィンテージ・・良いワインは飲み頃を間違えると損?


関連記事
子供の生まれ年ワインは何を選べばいい?長期保存に向くワインと必須な保存環境。
ワイン初心者が知っておきたいワイン界の超有名人






↓ テレビに出て話題となったワイン♪


小娘と学ぶワインの基礎知識

 

ワイン入門書ではわからない事BEST3

 

ワインに興味ない人と話せるワインの話

 

ワインは経験

 

ワインの勉強中に出会った素朴な疑問

 

ワインのお役立ち情報