ワイン入門書ではわからない事BEST3

フランスワインの規定が2009年から改定。AOCはAOPに。


フランスワインの格付けがEU規定の変更に伴い2009年から変わったそうです。


CIMG2288.JPG  CIMG2290.JPG
旧規定でAOC、VDQSのクラスが
新規定だとAOP=Appellation d'Origine Protegee「原産地呼称保護ワイン」


旧規定のVin de Pays(ヴァン・ド・ペイ)が
新規定でIGP=Indication Geographique protegee「地理的表示保護ワイン」


旧規定Vin de Table(ヴァン・ド・ターブル)が
新規定で産地表示なしのテーブルワインVin de Table(ヴァン・ド・ターブル)


新世界のわかりやすい規定に合わせて改定されたみたいです。


それにしてもフランスワインの規定が変わる事自体すごくないですか!?


だってフランスって古いまま変革をあまり望まない感じがするのに
新世界の勢いに、重い腰を上げたってことですよね( ´∀`)!


ただ表示をわかりやすくしたって以上に意味のあること・・
ほんと・・歴史ってドラマですよね。


・・てか初心者には多少なり覚えることが減るのでありがたいわー( ´∀`)


あっΣ(´∀`;)!
でも2008年までは昔の規定でラベル書かれてるから
結局両方覚えなくちゃいけないのか・・( ;∀;)


<<前の記事へ ワイン初心者が知っておきたいワイン界の超有名人
             >>後の記事へ気になるー!海外の有名人が造るワイン


関連記事
わかりにくーいワインの格付け(フランス)
初心者ワイン飲み比べ 第2弾同じ品種で産地の違いを比べる






↓ テレビに出て話題となったワイン♪


小娘と学ぶワインの基礎知識

 

ワイン入門書ではわからない事BEST3

 

ワインに興味ない人と話せるワインの話

 

ワインは経験

 

ワインの勉強中に出会った素朴な疑問

 

ワインのお役立ち情報